HOME  >  WBマニアになろう!  >  第4回「エアコンを使用した場合」

WB工法が注目されています!


■WBマニアになろう! 第4回「WB工法でエアコンを使用した場合」

ご存じでしたか?

WB工法の性能について、お客様よりこんな質問をよくうけます。

Q.エアコンを使用した場合はWB工法より、通常の高気密の方が省エネ?

答えは×です
WB工法(透湿性と通気性のある建物)と、通常の高気密(ビニルクロスを貼って通気性のない建物)では以下のような結果となります。 気密住宅とWB工法、夏の室内湿度の比較図

両者の夏の室内湿度を比較した場合(上の図/オレンジ=気密住宅、青=WB住宅)湿度差が生じます。この状態でエアコンを使用すると、通常の高気密はWB工法に比べ【A】の分だけ 多く除湿しなければならず、結果的に40%ほど冷房の熱負荷を削除できます。(下の図)
東京の例


WB工法の家でのエアコン使用の方が省エネ効果

したがって、高気密住宅とWB工法の両者を比較した場合、冷房負荷を約13%削減できる「WB工法の家」でエアコンを使用した方が省エネであると言えます。
※上記グラフはWB工法ホームページからダウンロードできます。
※上記のデータはH18年ウッドビルド社実験棟にて検証後にシュミレーションしたものです。

営業:高坂 お問い合わせ・ご相談・資料請求など、お気軽にご連絡ください お問い合わせフォーム 小林社長
ご家族構成やご要望を自由にご記入いただき、約3週間でプランをご提供させていただくサービスです。
しつこい営業などは一切いたしません。  お試しプランニング