HOME  >  WBマニアになろう!

おかげさまで、施工歴20周年




三好屋建設の未来を見据えた家づくり

住む人が健康であることを一番に考え、日本の気候風土を深く柔軟にとらえた家
省エネ家電すらほとんど使わない頼らなくていい生活
これからの快適な住まい方をご提案致します。

自然にいちばん近い、省エネ・健康・断熱・耐震住宅

湿気や化学物質が室内にこもってしまう窒息気密住宅は、住む人の健康をむしばみます。人の健康を守るには、家の通気性と、湿気や化学物質をこもらせないようにすることが必要なんです。
通気断熱WB工法(以下、WB工法)は自然な通気と透過の力で、湿気や化学物質の心配はありません。
住む人と一緒に心地いい暮らしを生み出していく健康住宅。それがWB工法です。


暑い日には、各通気口が自動的にオープン。床下通気口から入り込んだ外気は、床下地面の冷気とともに通気層を上昇し、屋根から排出。冷気層を作り家全体に涼しさをもたらします。

呼吸する家図解-夏



寒い日には各所の通気口が自動的にクローズ。通気層は保湿層となり 、快適な暖かさを保ちながら、透湿生の部屋壁や木材とともに呼吸効果を発揮し続け、健康的な環境を維持します。

呼吸する家図解-冬
日本の伝統と知恵+最新技術=「進化した在来工法」

高い湿度と夏と冬の著しい温度差という、建築物にとってきわめて厳しい条件の下で、 日本建築は木の持つ特性を存分に活かした建築技術を育んできました。 このように優れた技術の中に、現代建築のめざす健康・省エネ・高耐久のヒントがあふれています。WB工法は、日本の伝統と最新技術が融合した「進化した在来工法」なのです。

呼吸する住宅、健康住宅の実現

通気断熱WB工法が目指したのは、息をする住宅です。第1のポイントとしては壁材に透湿材を採用。 第2のポイントは部屋の壁と断熱材の間に通気層を設けたことです。生活の中から出る湿気・臭い・化学物質をこもらせずに淀んだ空気を追い出し、 家に呼吸をさせることによって、住む人の健康が保たれる健康住宅が実現したのです。

シックハウスへの対策、住む人の健康を守ります

住宅は気密性を高めれば断熱性も高まりますが、家の“呼吸”が止められ空気が淀んでしまいます。 カビ・ダニの温床となるのはもちろん、建材に使用されている化学物質が溶け出しアレルギー・アトピー・ぜんそく・ 偏頭痛などのシックハウス症候群を引きおこします。WB工法は形状記憶式自動開閉装置による通気層の制御と透湿壁によって、つねに家全体で呼吸をし、家全体とそこに住む人の健康をまもります。

特許技術の、形状記憶式自動開閉装置

形状記憶式自動開閉装置は形状記憶合金のバネを使用しています。高い温度を感知すると、 形状記憶合金の収縮により換気口が自動的に開き、反対に低い温度を感知すると、換気口が閉じられます。 これによって通気層に対流が起き、断熱効果を生み出すのです。形状記憶式自動開閉装置はWB工法の特許技術になっています。

↓写真をクリックで拡大

透過のイメージ ウッドビルドホームページへ